今を生きる

 

こんにちは。ヒーリングサロンひまわり masakoです。

ここ最近、クライアントさん達とメールのやり取りをしていて、ふと感じたこと。

 

様々な苦しい経験を経て、精神世界に救いを求めている人も多いのだろうな、ということ。

救いを求めるとは言っても、宗教・信仰を頼りにするのとは違って、拠り所(よりどころ)という意味ですけど。

それと同時に、過去の経験から身体的な不調へと繋がる、というのは本当なんだな、と実感することも多い。

 

ちなみに皆さんは、次のいずれかに当てはまるでしょうか?

  • 過去の苦しみが忘れられない
  • 未来への不安がある

 

スピリチュアルな学びを始めてすぐに、【今を生きることが大切】というようなフレーズを何度も見かけました。

たとえば、ドリーンやソニア・ショケット女史、私が大好きなシータヒーリング®も同じで、結局はこういう事なのではないかな、と思います。

  • 過去に経験した出来事にとらわれない
  • まだ起こっていない未来に不安を持たない
  • 一瞬、一瞬を楽しむ(=後悔しない生き方を選ぶ)

 

過去に起こった、マイナスの感情を持つ経験に対して、いつまでも引きづられて生きている人がいるとして。

その過去の経験に思いを馳せたところで、プラスの経験に変化するでしょうか?

 

まだ起こっていない出来事に対して、「◯◯になったらどうしよう!?」と気を揉むことは、今のあなたの精神状態を心地良いものにしてくれるでしょうか?

人のせいにしたり、人が持っている物・環境にアレコレ気を病むくらいなら、自分が望む人生をたぐり寄せる方法を手に入れたほうが、よっぽど充実した人生になると思いませんか?

 

人を非難するのは簡単。

やらないでいる事を弁解するのも簡単。

自分を憐れむのも簡単。

 

スピリチュアルって、結局は「人としてどう生きるか」を考えるきっかけを与えてくれているだけで、違う方法で到達したって構わないと思います。

ただ、ヒーリングの手法(ツール)を使うことで「自力で到達するよりも早く、辛さの度合いが比較的軽い状況で解決できる」というのが、私の体験から言えること。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です