レインボーチルドレン インストラクター

 

11/14~18の5日間、レインボーチルドレンのインストラクター講座を受けました。

応用でほとんどの方が卒業したことはこの前のブログに書きましたが、何と同じくらい(60人ほど)の参加者が!

日本人は全部で8人。

すでにインストラクターで、しかも英語でコースを開催している方もいらっしゃいました。

 

普段、Markのアシスタントをしている方々もたくさん受講者として参加していたので、シドニーでのレインボーチルドレンのインストラクター講座は久し振りだったのかもしれませんね。

レインボーチルドレン講座は子供(7~22歳)を対象としたコース。

その名が示す通り、レインボーチルドレンと呼ばれる世代の子供達が、より現実社会で生きやすくなるように・・・という願いをこめて作られたそうです。

 

このコースは最初は親と一緒にヴァイアナの講座に来ていた子供たちを別に誘って、週に1回、1年間かけて42のレッスンを学ぶように設定されたもの。

これら42の中から16のレッスンを選んでレインボーチルドレン講座となったそうです。

参加者が大人なら5日間でも良いかもしれないけれど、子供がメインなら1回2時間ほどのレッスンを週に1回のペースですると楽しみながら出来るだろうな~という感じ。

 

ちなみに今回は赤ちゃん(1歳前後)や11歳の女の子、もう少し大きいお子さんも参加していました。

11歳の女の子はクリスタルレイアウトを良く理解していて、最終日のテスト(先生役になって実際に習ったことを教える練習)で、ストーンを置く場所のアドバイスをしてくれたりして、可愛らしかったです♪

 

レインボーチルドレンのプラクティショナー講座は、シータヒーリング®を習ったことがない人でも受けられるようになっていて、シータの基礎となるリーディングやヒーリングもレッスンに含まれています。

遊び感覚で楽しみながらできる水晶占い、パワーアニマル(守護動物)と出会う瞑想、テレキネシス(触れずに物を動かす)などもあって、サイキック能力を開花させることに夢中だった1年前の私には、この講座が合っていたかも・・・(今は単にシータが楽しくて受講しているけど)。

 

テレキネシスを最初に試した時はあんまり(ほとんど)動かなくて、ヴァイアナが私の近くに来た時だけは動くって感じで。

でも、二度目の昨日は、ビックリするほどすごく動いた。

DNA 3で生まれて初めてスプーンが曲がった時の感動を思い出したくらい!

 

水晶占いでは水晶のボールに写り込むエネルギーを見るのですが、こちらも1回目よりも2回目の方がハッキリとカメラに写っていました。

子供だったら肉眼で見えるらしいのだけど、ブロックがかかりがちな大人は写真に収めた方が見えるそう。

 

そこで、私たちは撮った写真を確認しながら行なったのですが、きれいな女性っぽいドレス姿の天使が見えたり、オーブが写っていたり。

他のグループにはスフィンクスや色がどんどん変わる様子が写っていたりして、このレッスンは純粋に楽しんでいました。

 

パワーアニマル(守護動物)と出会う瞑想はネイティブアメリカンに伝わるものをヴァイアナが直接学び、「これを絶対に自己流にしないで、教えた通りに伝えてね」と言っていました。

ご主人のガイ氏が太鼓を叩きながら誘導する瞑想はパワフルで、受け取ったメッセージをみんなとシェアしていて思わず涙がポロポロとこぼれてきました。

 

普段の私はサイキック能力を感じることはないけれど、守られている感じというのが伝わってきて、とても不思議な感覚でした。

「人は誰もがサイキックで、単にその使い方を忘れてしまっているだけ」というヴァイアナの言葉を実際に体験できたような気がします。

 

レインボーチルドレンはプラクティショナー講座を受けずにインストラクター講座を受けられる唯一のコース。

単に「お得!」というよこしまな気持ちで受けたのですが、この講座が一番楽しかった!

子供心を思い出すような時間だし、リラックスして受けられる、おすすめの講座です。

 

さて、次は4月に日本で開催される【存在の層プラクティショナー講座】を受けたいです。

その時点で日本に本帰国になっているか、永住権が取れてシドニーに母子のみ残ることにするか決まっているかな!?

 

いつか、アメリカで他のプラクティショナー&インストラクター講座を受けたいな。

しばらく自分自身にワークして、ぜひ実現させたいと思います。

 

基礎~レインボーチルドレン講座でお会いした皆さん、短い間でしたが、ありがとうございました。

そして、オーストラリア在住の日本人シータヒーラーさん達との出会いも、とっても嬉しかったです。

 

定期的に会って、近況報告&練習しましょうね。

まずはクリスタルレイアウトをゆっくりやりたいね。

今週末は旦那が日本出張でいないから、我が家で良ければ出来るよ(笑)

 

最後に。

出費を抑えたくて通訳を申し込まなかったけれど、シータヒーラー&ティーチャーの大先輩である、ブランチ真理さんの通訳には感動しました。

子供が生まれる前、同時通訳コースに通っていたことがあるので、どれだけ大変か分かっています。

たった一人で長時間の通訳をするなんて、神業のようでした!

 

ヴァイアナの英語は多少の訛りがあって、初めて聞いた基礎の午前中は聞き取れない部分も結構あったので、真理さんのすごさを目の当たりにした感じ。

数字や病名、内臓、動植物、土地の名前やネイティブアメリカンの話など、ヴァイアナさんの話はいつ、どこで方向転換するか予想もつかないのですが、それをサラリと通訳なさっていらっしゃるお姿が眩しかったです。

 

他にも、シータヒーラー&ティーチャーの知識や経験を惜しみなくシェアして下さって、とても勉強になりました。

私がトリガーされてしまった時には必要なダウンロードをして下さった上で、「経験したことについて囚われない(その学びは終了)で、それを引き寄せた自分の思考パターンをワークしてみると良いよ」とアドバイスまで頂きました。

 

通訳を依頼していないので、あまり真理さんに話しかけたり質問したりしないように心がけていましたが、どんな時でも笑顔で接して下さる素敵な先輩に会えたのも私にとっては嬉しい時間でした。

ヴァイアナに聞きたいことはありましたが、限られた休憩時間に話しかけるのは気が引けて、個人的にはお話しませんでした。

 

これから様々なコースを受けていく中で、いつか自然な形で話せる日が来ると信じて。

それにしても、あっという間の12日間でした。

 

娘の帰国生入試で受講できない可能性もあったので、こうして無事に終えられたことに感謝。

本当に楽しかった~。

いつか、この楽しさを伝えられる人になれたらいいな♪