現代レイキ レベル2を開催しました

 
おはようございます。ヒーリングサロンひまわり masakoです。
先日、現代レイキのレベル2セミナーを開催しました。
レベル2ではシンボルを活用したレイキヒーリングを学びますが、これからは基本12ポジションへのセルフヒーリングも半分の時間に短縮されますし、自分の身体でも遠隔を使うことができるようになります。
まずはシンボルを使ったセルフヒーリングを続けていただき、身につけてくださいね。
 
このレベル2でヒーリングは完成します。
現代レイキではレベル3で安心立命に関する学びがあり、レベル4でマスターという流れになるものの、臼井霊気療法学会ではこのレベルが最後で、次は師範になるための神秘伝しかありません。
 
また、シンボルは臼井霊気療法学会では秘法または法と呼ばれるように、公開するものではありません。
でも受講生さんのお話では、出版されている書籍にシンボルが掲載されていたり、ホームページで公開している人もいるらしく、ここでもレイキが正しく伝わっていないことが分かります。
 
ここでも・・・と書いたのは、「臼井レイキを学びました」という人の多くが伝統霊気(臼井霊気療法学会のレイキ)だと思い込んでいたり、「自分が学んだ団体は(ほぼ唯一の)臼井先生の直系で西洋レイキは混ざっていない」と信じているからです。
それらは誤解であり、臼井レイキという名称は西洋レイキのことです。
つまり、「臼井レイキを習った人は、西洋レイキを習った」ということになります。
西洋レイキは海外で普及したレイキの総称で、伝統霊気に近い比較的良質なものから、非常に異なる内容に発展させたものまで数多く存在しています。
 
また、林忠次郎先生は臼井先生から直々に師範を授与されていますが、西洋レイキの祖です。
臼井先生から依頼されて誰もが簡単にレイキを使える方法を編み出すために林霊気研究会を立ち上げ、その中でアチューンメントや基本12ポジションなどを作り出しました。
林先生から奥伝を受けて霊授を受けた人は師範ではなく、あくまでも奥伝修了者です。
 
土居先生の著書【レイキ 宇宙に満ちるエネルギー】の言葉を引用してご紹介するなら、マスターは霊気療法の普及に関して、臼井先生の直系とか、林先生の直弟子とか、そのような魅力的な言葉に惑わされず、真実を見抜く目が必要です。(p.170、レイキ 宇宙に満ちるエネルギー)

 
マスターあるいはティーチャーはレイキの歴史や臼井先生が伝えようとしていたレイキの目的などを正しく理解する努力が求められていますし、レイキを学ぼうとする人は謳い文句に惑わされず、精神性を高めることを目的としたレイキであるかどうかを見極める目が必要なのです。
 
日本でのみ継承されてきたレイキ団体と謳っているところもありますが、正しくレイキの歴史を学べば、そこに矛盾があることが分かります。
たとえば伝統霊気にはアチューンメントというものはなく霊授しか存在しませんが、これは「レイキの回路を育てる」ことであり、神秘伝(師範として教えることのできる資格)の授与ではありません。
林忠次郎先生を祖としているのであれば間違いなく伝統霊気とは異なるものがたくさん含まれていて、それが西洋レイキの基盤となっています。
また、アチューンメントや基本12ポジションを採用しているのであれば、伝統霊気ではないことが分かります。
 
そういう意味では現代レイキも同じで、西洋レイキの手軽さ(アチューンメントや基本12ポジションなど)を取り入れつつ、臼井先生が霊気の最終目的としていた安心立命を大切にしています。
ホームページでもお伝えしているように、現代レイキは創始者の土居先生が自分のための活用法としてアレンジしたもので、レイキの系統とは考えていません。
あくまでも現代人に合ったレイキの活用法という位置付けです。
 
これら一連を鑑みて思うのは、まるで西洋レイキが伝統霊気に劣るかのような誤解を与えているのではないか、ということ。
もし現代人の私たちが伝統霊気をマスターしようと思ったら、おそらくレベル1からレベル2に行くまでに何年もかかるでしょうし、レベル2を習得するにはさらに長い年月が必要になる可能性があります。
霊示法や病腺霊感法(伝統霊気の初伝6等〜3等で学ぶ)の体得に、10年以上かかるかもしれないしれないわけです。
「誰もが簡単にレイキを使える」のは西洋レイキの発展の功績ですから、どちらが良いとか悪いという話ではありません。
 
レイキの歴史に興味があり、正しい情報を得たいとお考えでしたら当サロンで現代レイキを学んでいただくとして、レイキが素晴らしいと感じていらっしゃるのであれば、とにかく日常で活用しましょう。
まずは手当て療法(レイキヒーリング)で心身のバランスを整え、ヒビキが分かるようになるのが最初のステップ。
そして、教義五戒に沿って安心立命を目指す(精神性を高める)ことを忘れずにいてください。
この「安心立命を目指すこと」が何よりも大切なのです。
 
遠方にお住まいであれば、以下のポイントがすべて含まれているところで学ぶことをおすすめします。

  1. 臼井先生を創始者としている
  2. 能力は指導者の伝授で与えられる
  3. ある段階でシンボルを使う
  4. 手当て療法から始め、霊性向上をめざす
  5. 伝授は対面で、継続的なフォロー体制をもつ

これら5つのポイントについて、その他みなさんが疑問に感じることなどについては、Q&A形式で回答されている下記の本がおすすめです。

 
11月のレイキ交流会は、18(土)と21(火)の14:00〜16:00です。
レイキを学んだことのない方を含め、どなたでもご参加いただけますので、一度レイキの世界を体験しにいらしてくださいね。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です