ピュリフィケーションリング™ レベル6ご感想

 
 
こんにちは。ヒーリングサロンひまわり masakoです。
ピュリフィケーションリング™ レベル6のご感想を紹介します。
 

ご感想

ピュリフィケーションリングのレベル6をありがとうございました。
今回、直前にテキストを読み直していたら、急にすごく楽しみな気分になりました。
思いがけない出来事や予想外の出来事というと、これまでついつい「悪いこと」を想
定してしまうところがありました。でも、急に「そうじゃないんだな」と分かった感
じがあって。
人生は何でもありで、何が起きるかも分からなくって、つまり楽しんでいいんだ
~!!と、愉快な気持ちになったというか。
 
「遊び心」、「型にはまらない」。
プラス「ユーモア」と「笑い」。
(ユーモアと笑いは同じかな?)
これらの言葉を、今後のキーワードにしていきたいと思いました。
 
で、興奮していて、アチューンメントがスタートが遅れてしまいました(笑)。その
せいか、受け取り体勢に入ったとたん、ドカッと一気にエネルギーが届いたような感
じがありました。光のラッシュのような感じだったように思います。
それが終わった後、喉に爽やかな風のようなものが届き、喉が広がるように思いまし
た。
この時、喉から変な声が出ました。「ググワッグワッ」みたいな感じです。単純にい
びきかもしれませんが(笑)。
テキストにも「声が出ることがある」などと書いてありましたが、もう少しきれいな
声が出るのかと期待していました。なので、おかしかったです。
それと喉からか、首の骨からかは分かりませんが、空気が抜けるような感じがありま
した。
喉の調整が一段落ついた後、「そろそろ終わりかな」と思ったら、今度はハートにき
ました。ハートが制限なく広がっていく感じです。
その時の感じが光で満ち溢れるというよりは、無になって空間が広がる感じだったの
で面白く思いました。色で言うと、藍色のような色が広がっていく感じです。心のざ
わめきが消えて、ひたすら静かになっていく感じでした。
「虚空」とか「達観」とか、そういう概念をプレゼントしてくれているのかなと思い
ました。
 

フィードバックへのご感想

フィードバックをありがとうございました。なんだか感慨深いです。
レベル6のテーマとなった「喜び」と「真実を語る」。masakoさんのおっしゃる通り、奥の深いテーマですね。
特に「喜び」は、そのために人生があると言っても良いくらいのテーマなのでしょうね。
「真実を語る」と言うのも、単に嘘をつかないとかそういうレベルでは無いのだろうと思いました。
 
レベル5のフィードバックの「自分の声(心の声)を聞くことの大切さ」、「確固たる信念を持って進む」にも関係がありそうです。誰がどうこうでは無く、「自分にとっての」という言葉が含まれているのだろうと思いました。
そう言えばなのですが、レベル5のフィードバックにあった右耳の件につきまして。
顎やこめかみまで、顔の右側にコリや違和感を感じることが長年続いていました。だいぶ解消してきたのですが、今もまだ少し残っています。
フィードバックを読んで、自分の声を聞けていなかったからなのだなあと思いました。
 
>修行と言えば、限定された期間と場所で過酷な状況下でおこなうもの、というイメージがあ>るかもしれません。
>でも、日常生活を送りながら、様々な試練をいかに無条件の愛を持って、無条件の愛の観点>だけで行動するか・・・このひと言に尽きます。
>本来すべての人間に与えられた使命なのだと思います。
>ヒーラーとかライトワーカーだけでなく、生きている人間すべてに。
私もそう思います。決して特別なことではなく、実は誰もが取り組んでいることでもあるんですよね。
たまたま私は精神世界のことを知ることができて、実際に体験し、勉強する機会を得ることができました。そのことをとても嬉しく思っています。
でも、そういう世界のことを何1つ知らなくても、素晴らしい生き方をされている方はたくさんいるんですよね。道に迷っているように見える方も同じで、道に迷うことで、自分の道を見極めようとしているのかもしれない。
つまり、みんなの心の中には、「無条件の愛の観点で生きていきたい」と言う気持ちがあるんですよね… 最初から。
だからこそ、迷ったり、苦しんだりする。
なんとなく、人間だってそんなに捨てたもんじゃないよなあと思いました。
私もライトワーカーとして、まずは自分自身が無条件の愛を生きられるようになりたいと思っています。
 
私の感想へのお返事もありがとうございました。
>思いがけない出来事や予想外の出来事が起こる、この考え方自体が「予測できない未来をコ>ントロールしたい気持ちの表れ」ですね。
>未来は未だに来ていない時間のことなので、何が起こるか分からないのが当たり前で、そう>いう意味では何もかもが「思いがけない出来事」になるはず。
これはまた素敵な言葉ですね。
「何もかもが、思いがけない出来事」。
この言葉は「喜び」ともリンクしているように思いました。
そうですよね、何もかもが思いがけない出来事なんですよね!長年生きてくると、また日常の繰り返しか~みたいになっていましたが、それは違う!! 何もかもが思いがけなくて、貴重なんですよね。
さあさあ、これが心底実感できて、そんな風に生きられるようになるのはいつのことか。
でも、以前よりはつかめてきたように思います(笑)。
 
>達観しているからこそユーモアや遊び心、そして笑いも持ち合わせることができるのではな>いか、と私は考えていますよ。
ですね、本当に。
ようやく、それを実感しました。達観、達観。
それを目指して、ユーモアを持って生きていけるようになりたいです。
 
ところで、観音様の件につきまして。
私こそ仏教知識は皆無に近いのですが、たまたま「観音経」を読む機会があって、「色不異空、空不異色、色即是空、空即是色」と「妙音観世音、梵音海潮音」の二つの節が気に入りました。
最近は、あれこれ考え始めてしまいそうになると、その二節を心の中で唱えるようにしていたんですよね。
ただ、問題は、唱える時に思い浮かべるイメージでして…(^^;)
私が思い描いていたイメージは、阿修羅像のような顔をした子供が銅鑼をガンガン叩きながら、「色不異空!、空不異色!」と喚いて歩き回る… こんな感じでした。
やたらとうるさいですし、敬虔さとは程遠い。
なので、「しまった、バレていたのか」と少し焦りました(笑)。
 
フィードバックにあった、紫とゴールドについても心当たりがありました。
紫は深みと豊かさを感じる色なので、もともと好きな色です。
そして、ゴールドは最近気になっていた色です。
以前はシルバー系のメタリックでシャープな感じが好みでしたが、このところ、金の温かさが良いなあと思えるようになっていました。
これからは、温かみのあるゴールドがベースにくるのかもしれませんね。
 
最初にも書きましたが、とても感慨深いです。
masakoさんのおかげで、ライタリアンプログラムも一通り終えることができました。
これからは変化をどんどん受け入れて、喜びをもって生きていきたいです。
本当にありがとうございました。
 

全レベルを受けて

レベル6のアチューンメントを終えた今、こんな風に感じています。
達観とユーモアや遊び心。そして笑い。相反するようで、同じことなのかもしれない
なあと。
 
多分、ライタリアンクリアリングだったと思うのですが、masakoさんが「布袋さんが
来てくれた」というフィードバックを下さったことがありました。
その時はよく知らなかったので、布袋さんについて調べたら、「いただいたものは生
臭ものでもなんでも受け取って…」という説明文を見つけ、印象に残りました。
あまり説教臭くも無く、聖人にありがちな偉ぶったところや過度に純化されたところ
も無く。ひょうひょうとした、面白い人だなあと思ったことを覚えています。
ほていさんのような方がユーモアと達観を両立した方なんだろうなあと思いました。
人生で出会うものも、世界にあるものも何一つ否定もせず、拒否もせず。それでいて
悲観的になるわけでもなく、苦しみに打ちひしがれるわけでもなく、大げさに闘って
みせるわけでもない。ただただ手放しに受け取り、笑いとともに丸ごとの人生を楽し
む。
豊かな方ですね。そんな風になれたら良いなあと思いました。
 
全6回のピュリフィケーションリング。
長い期間、本当にありがとうございました。色々な気づきを得ることができました。
とても良い体験でした。
masakoさんから受けられて本当に良かった!!
 
で、今ふっと気づいて、以前頂いたメールを調べてみたのですが、布袋さんがサポー
トして下さったのはやっぱり「ライタリアンクリアリング レベル1」のことでし
た。
masakoさんから初めて受けた、ライタリアンプログラムです。
今回のピュリフィケーションリングのフィナーレで、再び布袋さんのことを思い出す
とは…。
 
色々な意味で、とても感慨深いです。
素敵な時間を本当にありがとうございました。
いずれ時期を見て、クリアリングとレイのティーチャープログラムなどなどもお願い
したいと考えております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です