オラクルカード講座 募集停止のご案内

 
おはようございます。ヒーリングサロンひまわり masakoです。
先日のドリーンが聖書の教えのみを伝えていくと宣言したことについてという記事の中で、「下記の講座が提供廃止の検討対象になります」と書きました。

  • オラクルカード講座(全コース)
  • エンジェルタロット講座
  • エンジェル・ヒーリング・プラクティショナー講座

 
このブログを定期的にお読みくださっている方はご存知の通り、2017年10月からコレット・バロン=リードのOracle Schoolでの学びをスタートします。
そこで、当サロンでは2017年12月末を以て、現在提供しているドリーンのオラクルカードを使用した講座(初級・中級・上級・ティーチャー・エンジェルタロット)をお休みします。
コレットはオラクルカードはPrediction(未来予測)ではなく、Prescription(処方箋)として使うことを推奨しています。
これは私がずっと大切にしてきた部分でもあり、オラクルカード講座でお伝えしてきました。
「YES/NOを尋ねるような質問をしない」と教えてきたのも、これが理由です。
 
ドリーンのオンラインコースであるCACR™(Certified Angel Card Reader™)はまだしばらくは継続するようですし、タロットカードに特化したラドリーのCATR™(Certified Angel Tarot Reader™)が始まったばかり。
そういう意味では、何もドリーンのオラクルカード講座の提供を止める必要はないかもしれません。
ただ、コレットのOracle Schoolで学ぶこととドリーンが伝えてきたことが混ざってしまいそうなので、今はドリーンのオラクルカードから離れます。
もしかしたら初心者向けにドリーンのオラクルカードを使った講座、中級者あるいは本気で自分を変えたいと考えている人向けにコレットのオラクルカードを使った講座、というような二本立てで行く可能性も少しはあります。
 
当サロンのオラクルカード講座は3つのコースがあり、次のコースに進む前に最低でも1ヶ月間の練習期間を設けていただいています。
暫定的にこの練習期間なしでもご受講可能といたしますが、ご自身がオラクルカードを解説書なしで使い、いずれ周りの人にリーディングしていきたいとお考えでしたら、十分な練習を重ねていることがおすすめです。
 
実は思いつきで講座提供を停止することにしたので、本当にこの決断が正しいかどうか、1枚引きをしてみました。
*画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。記事に戻るには、ブラウザの戻るボタンをクリックしてください。

Truth Be Told(伝えるべき真実)

 
カードを見た瞬間に、この直感が正しいと感じました。
Oracle Schoolについて書いていくつもりだったのに、なぜか当サロンのオラクルカード講座の募集停止という記事が先になってしまいました。
きっとしばらくはOracle Schoolやコレットについての記事が続くと思いますが、良かったら読みに来てくださいね。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です