自分を高めることの大切さ その④

 

おはようございます。ヒーリングサロンひまわり masakoです。

これまで数回にわたって、【自分を高める】について書いてきました。

 

自分を高める=霊性の向上で、本当の意味で幸せだと思える人生を歩みたいなら、とても大事な要素だということ。

霊性の向上が進むことで、結果的に経済的にも豊かになり、心も豊かになり、身体も健康になっていくこと。

とにかく「今この瞬間にできること、すべきこと」を最優先にすることの大切さをお伝えしました。

 

当サロンにいらっしゃる方の中には精神世界について知ったばかり、という方々も多いです。

ご自身が何かしらの夢を実現させたいと思ってシータヒーリング®を学んだり、気に入ったオラクルカードと仲良くなりたくて講座を受講なさっています。

このような方々にとっては、霊性を高めることが大切と言われても、目的が違うのに・・・と感じるかもしれません。

 

どんなきっかけだったとしても、ヒーリングの手法を取り入れた時点で、あなたは霊性の成長に目覚めたと言えます。

それは、講座だろうがセッションだろうが同じこと。

 

そして少しずつ、潜在意識が現実に影響すること、過去や未来ではなく今をしっかりと生きること、何かを手に入れたいと思ったら自分が持っているマイナスの感情や行動パターンを手放すこと・・・などなど、新しい考え方に触れる機会が増えていくでしょう。

 

実現させたい夢がある人が「現実に早く反映されるらしい」と聞いて、シータヒーリング®を学ぶことにした、と仮定します。

一番受けたいのは豊かさと願いの実現だけれど、この講座を受けるには基礎DNA応用DNAディグディーパーを受けなければならないので、これら3つを受けてから豊かさと願いの実現を学ぶことになります。

 

そして、来る日も来る日も、自分の夢を実現させることに障害となっているマイナスの感情や行動パターンの掘り下げをします。

でも・・・ぜんぜん実現しない。

そこで、葛藤が芽生えるかもしれません。

 

なかなか夢が叶わないのは、

  • 第7層につながっていないのかもしれない
  • 土台にたどり着いていないのかもしれない
  • 証人として見届けるのを忘れているのかもしれない
  • 毎日のように「まだ叶っていない」と考えているのかもしれない
  • 「どうやって手に入れるか」を自分が決めつけているのかもしれない

 

これらも理由の一つにはなるのですが、実は叶えたいことだけに焦点を当てているのが原因です。

実際にすべきなのは、日常で起こる出来事にマイナスの感情で反応したり、衝動的に行動してしまうことに対して働きかけること。

ですから本当にすべきことは霊性の向上、つまり自分を高めることなのです。

 

現代に生まれ育った私たちは、正しいか間違っているか、あるいは答えは一つというような考え方をしがち。

それだけでなく、結果を追い求めて、すぐに結果が出ないと不安になる人が多いようです。

 

でも精神世界はもっと多様性があって、あなたが想像もしない方法で物事が起こります。

そのため、委ねる(ゆだねる)という言葉がよく使われたりします。

 

どれくらいの早さで結果が出るかは、その人の霊性の成長の度合いによっても異なります。

急激な変化によってイヤなことが立て続けに起こる可能性もあるので、精神世界初心者さんにはゆっくりなペースで変化が促されることが多いものです。

 

皆さん「すぐに結果を!」と考えていらっしゃいますが、今まで何十年も生きてきた中で成し遂げられなかったことを、そんなに簡単に手に入れることができるとでも思っているのでしょうか?

自分にとって都合の良いことだけを実現させて、変えるべき(解決すべき)問題を放置したまま過ごすなんて、そんな都合の良い話のためにヒーリングの手法を使うことは間違っているので、なかなか願いごとが叶っていない可能性もあります。

 

私はシータヒーリング®の最初の講座である基礎DNAを受けた直後から、何度も大金を臨時収入という形で得てきました。

精神世界の知識があったわけでもなく、霊能力には不安しかなかった頃から願いごとが叶っていたので、誰もが同じように手に入れることができるのだと信じていました。

 

それでもなかなか「変わらない」とか「実現しない」という人々を見ていて、何が違うのだろう?と不思議でした。

シータヒーリング®と出会う前にライタリアン・プログラムで霊性の向上に働きかけをしていましたので、自然な形でクリアリングができていた可能性があります。

 

他に考えられる理由としては、

  • 願ったことを忘れている
  • 信頼と意図だけはしっかり持っている
  • 自分ととことん向き合う
  • 行動する

 

行動することの大切さは以前からお伝えしていますが、行動が伴わなければ物事はなかなか実現しません。

最初に100万円の臨時収入を願ったのは、日本に一時帰国してシータヒーリング®のインテュイティブアナトミーという3週間の講座を受けたいと思ったからでした。

 

子供たちと私の3人の旅費、講座費用、帰国中の滞在費用などを考えて100万円を願いごとリストに書いてシータヒーリング®を使いました。

願いごとをした後は、帰国期間中にアナトミー講座を提供する予定の人を調べたり、飛行機の空席状況を確認しました。

これが行動した部分です。

 

「行動を起こす」と言っても、こんな小さなステップで良いのです。

自分ができる範囲で夢の実現のために行動することが大事なので、どんなことでも構いません。

 

そして同時に、「基礎DNAを受けたばかりでアナトミーを受けるなんて無謀なのではないか?」とか「100万円の臨時収入なんてあり得ないんじゃないか?」というような不安に対してセルフワークをしました。

願いごととは関係ないけれど、当時の私には怒りや許せない対象がたくさんあったので、これらをコツコツと掘り下げては土台を見つけ、ポジティブなものに置き換えていきました。

つまり、自分と向き合ってクリアリングをする過程を経ていたわけです。

 

今回はシータヒーリング®を使ってお話しましたが、潜在意識には笑ってしまうくらい面白いものがいっぱい蓄積されています。

面白いと思えるかどうかは性格にもよるけれど、私の場合は過去の経験からさまざまなマイナスの感情・行動パターンが出来上がっていて、思わず苦笑いしてしまうような状態でした。

本当にそんな経験をしたのかも記憶が定かではない出来事を思い出すことはしょっちゅうでしたし、「潜在意識ってどんだけ色々なものを溜め込んでいるんだ!?」と驚かされることばかりでした。

 

シータヒーリング®は基礎DNAでほとんどのテクニックを学びますが、3日間という短い期間ですので、きっと1回や2回受講しただけでは分からないことだらけだと思います。

それだけでなく、皆さんを見ているとかなり自己流になっているな・・・と感じます。

 

ですから、何度でも学びに来てください。

とてもパワフルなヒーリング手法ですから、しっかりと身につけ、自分を過度に甘やかさなければ、絶対に現実は変わるはずです。

 

皆さん、ある意味、ご自分を甘やかしすぎなのですよね。

だって、でも・・・と言って自分を正当化しようとしても、過去に起こったことが繰り返されるだけ。

自分を見つめることから逃げないでください。

 

結果を追い求めたくなる気持ちは分かりますが、急がば回れです。

これまでのシリーズでお伝えしたことができていないと感じているのであれば、まず現代レイキを学ぶと良いでしょう。

 

ここで無条件の愛、調和、結果を求めない、媒体(中継地点)に徹する、今を生きる、怒り・悲しみ・不安にとらわれない、感情で反応しない・・・など、数多くのことを学ぶことができます。

レイキは特別な力、つまりサイキック能力を必要としません。

ヒーリングも非常にシンプルで、手を当てるだけです。

 

レイキが日本発祥のヒーリング手法というのは世界で知られているので、海外では「日本人なのにレイキできないの?」と言われるくらいで、特に西洋諸国では保険適用になったり、国立・王立・軍の病院などにレイキヒーラーが常駐していたりします。

これが日本では「怪しい」のひと言で片付けられてしまっているのだとしたら、本当にもったいないですよね。

 

夢を実現させるためにも、不要なマイナス感情を手放しましょう。

それはつまり、自分と向き合う、ということです。

それによって、霊性の向上へとつながります。

 

まずは自分を高めること。

あなたが変わっていく様子を見て、周りの人があなたの生き方を素敵だと思ったら、きっとあなたが何をしているのか知りたいと思うでしょう。

その頃にはクリアリングも霊性の向上も進んでいて、やっと自分以外の誰かに目を向ける時期が訪れるのです。

 

もしあなたがご自分の環境を良くするためにヒーリングを学んだりセッションを受けるなら、提供している人が真の意味で精神世界を理解し、実生活にも活かしているかどうかを見極めましょう。

どれだけ多くの人に教えたか、本・雑誌で有名だとか、キラキラした謳い文句(宣伝)はまったく関係ありません。

それよりも分かりやすい言葉と実生活に役立つ方法をその人に合った形で伝えてくれる、セッションや講座のあとのフォロー体制がある、あなたを傷つけない・・・こういう人を探すことが大事です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です